NEWS

日本代表の桑田選手が開幕戦V、元浦和の堀之内選手は単独5位


フットゴルフジャパンツアー2019の開幕戦、栃木オープンが3月31日に栃木県小山市のTBC太陽クラブで開催され、一般の部で桑田寛之選手と小林隼人選手が7アンダー61で並びプレーオフに突入。18番で行われたプレーオフをともにパーで終えると、桑田選手が5本ずつパットするシュートアウトで3本を成功(小林選手は2本)させ開幕Vを飾りました。

桑田選手はカップ周りが難しい1番パー5でバーディを奪い幸先良くスタートすると、8バーディ、1ボギーの7アンダー61でプレー。プレーオフでは同じくW杯モロッコ大会日本代表との一騎打ちとなりましたが、安定したプレーでパーセーブすると、先行となったシュートアウトでも約8メートルの距離から3本のパットを沈め勝利しました。

またこの大会には、元浦和レッズの堀之内聖選手も参加。約1年ぶりのツアー参加となり、2番でトリプルボギーを叩いたものの、そこから持ち直し2アンダー68でホールアウト。多数プレーしたW杯モロッコ大会日本代表ら強豪を振り切り単独6位と健闘しました。

シニアの部では、今季からシニア入りした根元央希選手が3オーバー71でツアー初優勝、女子の部では西畑静佳選手が1オーバー69で勝利しました。

栃木オープンの結果はこちら

栃木オープンはこちら

#ジャパンオープン #大会

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey YouTube Icon

一般社団法人 日本フットゴルフ協会

〒359-0034 埼玉県所沢市東新井町737-3 第3武井ビル3F

Exclusive member in Japan.

© Japan FootGolf Association, All Rights Reserved.

JAPAN FOOTGOLF ASSOCIATION