ABOUT FOOTGOLF

サッカー(フットボール)とゴルフ、この異なるスポーツを融合した新しいスポーツがフットゴルフです。サッカーボールの5号球を使い、ゴルフコースで9ホール、または18ホールをラウンド。「サッカーボールを蹴ってゴルフをする」ことをイメージすると分かり易いでしょう。


フットゴルフは、2009年にオランダでルール化されると、国際フットゴルフ連盟が設立された2012年にはハンガリーで第1回ワールドカップを開催。欧米を中心に既に40カ国以上で楽しまれており、急速に普及している現在最も注目されているスポーツとなっています。2016年1月にはアルゼンチンで26カ国が参加し第2回ワールドカップが開幕。そして、2018年12月にモロッコで第3回ワールドカップが、33カ国合計約500名が出場して行われました。先進国のアメリカでは、既に600コース近くでフットゴルフがプレーでき、イギリスでもその数は200を越えており、欧米を中心にその認知度が高まっているほか、2023年5月にはアメリカのフロリダ州でワールドカップが行われることも決まっています。

国内では当協会が2014年2月に創設され、直後からジャパンオープンなど賞金トーナメントも開催。2017年には名門・軽井沢72ゴルフの南コースで国内初の国際大会も行われました。そして2022年9月現在、フットゴルフが楽しめるコースは国内で20カ所以上となっています。

 

なお、2020年9月末からは第4回ワールドカップが日本で開催されることが決定していましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により2021年9月末に延期され、その後、FIFG総会の決議により2021年1月28日に中止となりました。

当協会では国際フットゴルフ連盟とともに世界的なフットゴルフの普及に取り組み、2028年ロサンゼルス五輪での正式種目化に向け活動しています。

世界最速で仲良くなれるスポーツ

フットゴルフが史上最速で広がっている理由として、競技そのものの楽しさ・奥深さが考えられますが、“誰でも誰とでも仲良くなれる”というフットゴルフならではの特徴も挙げられます。

<“誰でも誰とでも仲良くなれる”ポイント>
● 誰でもできる
‥ボールを蹴るだけなので、年代、性別問わず楽しめます。
● 一緒に進む
‥ゴルフほどの飛距離がでないため、グループで一緒になって歩いて移動できます。
● 自然と会話が生まれる
‥「ナイス」「惜しい」から自然と会話が生まれます。

想像してみましょう。青空のもと、広大な芝生の景色が広がるゴルフ場で、仲間と一緒に歩く姿を。ボールを蹴る時の真剣な表情と、蹴った後にこぼれる歓声と笑顔を。その過程は気持ちよく、そして楽しく、仲良くなること間違いなしです。実際に私たちは、ご家族やお仲間はもちろん、初対面同士、そして国籍の違うお相手であっても、自然と仲良くなり、プレー後には絆が生まれている瞬間を何度も目の当たりにしています。

プレー時間はおよそ3時間。フットゴルフなら誰でも誰とでも仲良くなれます。魅力のあるスポーツは世の中にたくさんありますが、プレーした相手と仲良くなることにおいて、ここまで優れたスポーツは他にありません。このスポーツを通じて、これからも多くの笑顔が生まれることを祈っています。

その進化、世界最速。国内は協会発足2年後に賞金ツアー開催。

フットゴルフは、史上最速で世界中で発展している新スポーツと言われています。急速なインターネットの技術革新やグローバル化が著しい現代において、フットゴルフが世界で、そして日本で瞬く間に普及することは必然なのかも知れません。しかし、それを加味してでも、世界中に普及しているサッカー、バスケットボール、野球、そしてゴルフなどの他スポーツと比べて、いかにフットゴルフが急激に進化しているかは、下記のタイムラインをご覧いただければ明らかでしょう。