top of page

NEWS

世界屈指のフットゴルファー、B.クラーク選手が日本開催のメジャー大会に3度目の参戦!


一般社団法人日本フットゴルフ協会は21日、2020-21シーズン、また2022シーズンで世界ランクNo.1となり、先日まで開催されていたフットゴルフW杯2023男子個人戦で14位タイとなったベン・クラーク選手(イングランド)が、11月3日から5日まで、栃木県さくら市のセブンハンドレッドクラブで行われるFIFGフットゴルフワールドツアーのメジャー大会「FIFG WORLD TOUR JAPAN FOOTGOLF INTERNATIONAL OPEN 2023」に出場することが決定したことをお知らせいたします。

2010年代後半から世界のトップに君臨するクラーク選手の4度目の来日が決定いたしました。クラーク選手は、2017年に長野県軽井沢の軽井沢72南コースで行われた「FIFG World Tour Japan Footgolf International Open 2017」に出場し優勝すると、翌年、岐阜県のフォーティーンヒルズカントリークラブが舞台となった「FIFG WORLD TOUR JAPAN FOOTGOLF INTERNATIONAL OPEN 2018 supported by Shields」でも世界の強豪を抑えて連覇を達成。日本のフットゴルフシーンにその実力を見せつけました。


以下はクラーク選手のコメント:

「訪日することが本当に楽しみです。フットゴルフにおける、私の最高の思い出のいくつかは日本でプレーしたときのことです。この大会は、2017年と2018年に連覇しているので今年は3連覇を目指します。日本でプレーするときは、協会や大会、そして選手がいつも歓迎してくれており、コロナ禍になる前までW杯の舞台となるはずだったコース(セブンハンドレッドクラブ)でプレーできることが本当に楽しみです。日本フットゴルフ協会のご尽力もあるので、素晴らしい大会になることは間違いありません!」


なお当協会では、「FIFG WORLD TOUR JAPAN FOOTGOLF INTERNATIONAL OPEN 2023」の出場者を募集しております。FIFGライセンスプレーヤー(どなたもご登録いただけます)であれば、どなたでもご参加可能ですので、ふるってご応募ください。


<ベン・クラーク選手>

2014年にフットゴルフを始め、これまでにワールドツアーチャンピオン4回、欧州王者4回、メジャー大会優勝6回、UKツアーチャンピオン6回を誇る世界No.1フットゴルファー。国内では「FIFG World Tour Japan Footgolf International Open 2017」、「FIFG WORLD TOUR JAPAN FOOTGOLF INTERNATIONAL OPEN 2018 supported by Shields」に優勝しそれぞれ100万円ずつを獲得した。32歳。


「FIFG WORLD TOUR JAPAN FOOTGOLF INTERNATIONAL OPEN 2023」の詳細はこちら



Comentarios


bottom of page