WORLD TOUR 2021

CATEGORY

カテゴリー

世界フットゴルフ連盟(FIFG)が主催するワールドツアーは、大会規模により下記のように区分されます。当協会が主催する「ジャパンツアー 2019-21 supported by SHIELDS」もワールドツアーに組み込まれており、各大会に参加することで世界中の選手とワールドランク内で競い合える他、成績優秀者は日本代表となったり、ワールドカップでプレーすることが可能になります。

*ワールドカップ2021日本大会は、FIFG総会の決議により1月28日に中止となりました。

カテゴリー
FIFG 50
FIFG 100
FIFG 250

FIFG 500

FIFG 1000
コース

ゴルフコース

またはフットゴルフコース

ゴルフコース

またはフットゴルフコース

ゴルフコース

またはフットゴルフコース

ゴルフコース

またはフットゴルフコース

ゴルフコース

またはフットゴルフコース

ホール数

​​9Hまたは18H

​9Hまたは18H

​9Hまたは18H

18H

18H

最低ラウンド数

1

1

1

​2日間(36H)

​3日間(54H)

ツアーライセンス

​必須

​必

​必

​必

​必

最低ヘッドマーシャル数

1

1

1

1

2

練習ラウンド

-

-

​第1R前

​第1R前

​第1R前

ウォームアップエリア

-

-

-

​パットとアプロー

​パットとアプロー

最少出場者数

男子:最低15名
シニア:最低3名
女子:最低3名

男子:最低18名
シニア:最低3名
女子:最低3名

男子:最低35名
シニア:最低5名
女子:最低3名

男子:最低50名
シニア:最低8名
女子:最低4名

男子:最低70名
シニア:最低10名
女子:最低5名

ライブスコア

-

-

​必

​必

​必

飲料提供

-

-

飲料水(最低1R/1人)

飲料水(最低1R/1人)

飲料水(最低1R/1人)

賞金

-

-

-

-

​必須

FIFG 1000の賞金について:
・賞金総額最低7,500米ドル。
・チーム戦の賞金は上記20%の1,500米ドル
・    賞金分配:男子/優勝者に最低1,000米ドル、ベスト10に最低グリーフィー、シニア/優勝者に最低350米ドル、女子/優勝者に最低350米ドル

出場者数:
FIFGは求められた基準を満たすよう各協会を監督し、その基準に満たない場合は、当該協会に制裁(その後の大会開催を認定しない)を加える場合がある。

MASTERS 2020

​マスターズ2020

マスターズは、2020年の国内ツアー、リージョナルツアー、そしてワールドツアーのトッププレーヤーが参加する大会である。

 

男子の部:各リージョンのトップ選手(10人/リージョン1 + 10人/リージョン2 + 20人/リージョン3 + 10人/リージョン4)+ワールドランクトップ30が出場。

 

シニアの部:

各リージョンのトップ選手(3人/リージョン1 + 3人/リージョン2 + 5人/リージョン3 + 3人/リージョン4)+ワールドランクトップ10が出場。

 

女子の部:

各リージョンのトップ選手(3人/リージョン1 + 3人/リージョン2 + 5人/リージョン3 + 3人/リージョン4)+ワールドランクトップ10が出場。

 

上記に加え、各加盟国は各カテゴリーに1プレーヤー(ナショナルチャンピオンや代表)を出場させることができる。

 

マスターズは、翌年のいずれかのメジャーと並行して開催(4つのリージョンでローテーション)。第1回マスターズは2021年に開催。

 

フォーマットは36ホールとプレーオフとするが、開催にあたっては主催国の主催者が、詳細を詰めFIFG理事会の承認を得ることとする。

GUIDELINE

ガイドライン

TOUR

ツアーのガイドラインをご紹介。

TOURNAMENT

トーナメントのガイドラインをご紹介。

PLAYER

参加プレーヤー用のガイドラインをご紹介。