top of page

NEWS

ジャパンツアー2022-23シーズン王者決定!




一般社団法人日本フットゴルフ協会が主催する「フットゴルフジャパンツアー2022-23 supported by SHIELDS」は7月30日に板倉ゴルフ場で開催された「群馬板倉オープン」で全日程が終了。一般カテゴリーで立花友佑選手、シニアカテゴリーで白川学選手、女子カテゴリーでは三浦尚子選手がそれぞれポイントランキングで1位となりシーズンチャンピオンとなりました。


一般カテゴリーの立花選手は、シーズン開幕戦の2日間競技「北海道オープン2022」で優勝すると「那須オープン2022」でシーズン2勝目を記録。しばらく勝利から遠ざかっていましたが29日に行われた「第41回SHIELDS OPEN」に勝ちシーズン3勝をマークしました。


また、「フットゴルフワールドカップ2023」では、個人戦で通算24アンダーを記録し日本人個人戦歴代最高となる17位タイでフィニッシュ。今季のジャパンツアーを制したことで、国内トップのフットゴルファーであることを証明しました。


シニアカテゴリーの白川選手は、開幕6連勝をスタートダッシュに成功すると、その後勝利から見放されていましたが、立花選手と同じく「第41回SHIELDS OPEN」でシーズン7勝目。ポイントランクで2位の阿部敏之選手に100ポイント以上の差をつけ、独走で初のタイトルを獲得しました。


女子カテゴリーの三浦選手は、最終戦の「群馬板倉オープン」に勝ちシーズン8勝と大活躍。「フットゴルフワールドカップ2023」では個人戦で3位となった他、団体戦の世界一に大きく貢献するなど、国内の女子フットゴルフを牽引する立場として、その実力を見せつけるシーズンとなりました。


なお同ツアーは、8月26日の第42回SHIELDS OPEN(群馬県、鳳凰ゴルフ倶楽部)から2023-24シーズンが開幕いたします。


立花友佑選手の2022-23シーズン戦績

白川学選手の2022-23シーズン戦績

三浦尚子選手の2022-23シーズン戦績


Commentaires


bottom of page